ET 2018 & IoT Technology 2018
出展社情報

テーマゾーン

“エッジ”の重要技術・先行分野の最新情報を
集中発信するテーマゾーンを開設!!

エッジテクノロジーの最前線へと誘う6つのテーマゾーン

IoTデバイスで収集したビッグデータをエッジ側で一次処理する例が急激に増えています。

IoTの新潮流であると同時に、処理したデータを共有することで“つながる産業”における新たなビジネスモデルを創出します。 そうした巨大ビジネスに向け、通信事業者、クラウド事業者などのネットワークベンダやソリューションベンダといったさまざまなプレイヤーが取り組みを加速させています。

そこで本展では、エッジ側でのデータ処理に重要な技術、さらに先行する分野をテーマに、最新情報を集中発信するテーマゾーンを開設いたします。

テーマゾーンは、エッジをテーマにした前回に4テーマを新設し好評を得ました。今回は新たに「次世代モビリティ」「エッジコンピューティング」の2テーマを加え、さらに各テーマに新たなプレイヤーが参画し、パワーアップしたテーマ企画として実施いたします。

また、6テーマの情報は「テーマトラック」として専門カンファレンスでも発信します。どこよりも先駆けた貴重な情報となりますので、展示とあわせてぜひご注目ください。

組込みAI活用 ゾーン

第3次ブームと言われるAI(人工知能)。 IoT時代のキーとなるそのAI技術にフォーカスし、Embedded/IoTデバイス側でのAIを活用した技術・サービスの集中展示エリアです。

組込みAI活用 トラック

IoT無線技術 ゾーン

時代の流れとともに進化し続ける無線技術は、ソリューションの可能性を大いに拡大する技術として注目を集めています。こちらは最新の無線通信規格から対応デバイスなどの集中展示エリアです。

スマートセンシング ゾーン

IoT時代に向け、ソリューションのキーとなる高度なセンシング技術が求められています。用途・目的に応じた様々なセンシング技術にスポットをあてた展示エリアです。

セーフティ&セキュリティ ゾーン

組込みシステムの脆弱性とリスクが問われる時代です。こちらはデバイスセキュリティにスポットをあてた展示エリアです。

次世代モビリティ

スタンドアロンだったクルマが“つながるクルマ”になり、モビリティの未来像が急速に変わろうとしています。ここでは制御技術の進化やコネクティビティへの業界の取り組みを紹介します。

ご入場にはweb来場事前登録または招待状が必要です。

TOP